情報収集

FXをする上で欠かせないのが情報収集、情報収集といえばひと昔前は新聞、雑誌なのど紙媒体が主流であった。

たしかに紙媒体は細かい情報が記載されてることも多いから今でも使えないことはない。

しかし、デメリットとして情報伝達速度がワンテンポ遅れる。WEB社会のいまFX会社の公式サイトを観覧するにしてもWEBが欠かせません。

Twitterや他のWEBツールなどで情報収集するもよし、fxのランキングサイトで比較検証してるサイトもあります。

自分が最も必要としてる生きた情報を自分で探してみることが勝つために必要なことではないでしょうか。

損小利大

為替取引を行う上で鉄則なのが損小利大頭でわかっていてもどおしてもポジションを長くもってしまい回復を待ち逆に傷口を広げる結果になる場合が多い。

一度うまく行った場合はさらにたちが悪く冷静な判断ができなくなる。

マネックスプレミアム

6月上旬約12年ぶりにドル円が125円に到達した、為替市場の盛り上がりの中新たにFXに挑戦しようと考える人もいるだろう。

そこでら重要なのが会社選び、この時点でかなり勝敗は左右される。

今日紹介するのは3つの信頼をポイントにしてるマネックスFXのマネックスFXプレミアム。
注目するポイントはネット環境があればインストール不要なブラウザツール、一つの画面で情報と操作ができるレイアウトでストレスフリーのツールと言えるだろう。この機会にマネックスFXを利用してはいかがだろうか

ポートフィリオジェネレーター 2

今回紹介するのはエコトレFXが提供する
ポートフィリオジェネレーターだ。
前回紹介した情報より要点をまとめたのでみていただきたい。
シストレでもっとも困難な選択肢の最適化を実現。

3つのポイント

勝率にこだわる

勝率90%から選ぶといった選択も可能、自分にあった選択ができる。

収益にこだわる

収益1000pips以上など収益を追求した選択も可能。

負けた時の損を小さく

損切りをしたときの金額が少なければ運用資金が少なくて済む

シストレの注意点

いまさらながら数多くのシストレを紹介してきた当ブログですが注意点を書いていく。

シストレの選び方についての基本として自分に合ったシストレを見つけだすことが一番重要です。簡単そうにみえてこれが一番難しい。

また、どんなに優秀で勝率の高いシストレを使っていてもそれに忠実に従えないと意味はありません。
途中でシストレが負けを重ねたからといって勘で取引を行っては意味がありません。
勝率が高いからといって必勝ではないのです。
たまたま勘が当たり取り引きに成功したからといってそれは結果論に過ぎません。
シストレは途中経過に目がいきがちですが最終的に結果をだせばそのシストレは成功したと言えるでしょう。

自分に合ったシストレを見つけあとはそれに従うことができるかどうかが重要です。

トレードの種類

今回はトレードの種類について改めて解説していく。

1 スキャルピングトレード

一番短いトレード、短時間の利幅で繰り返しトレードして利益を生み出すトレード。

2 デイトレード

最も知られているトレード、一日単位で取引をする手法

3 スイングトレード

一日から一ヶ月の間でエントリーと決済を行うゆったりとした取引。

4 キャリートレード

月に1度もしくは数ヶ月に1度のペースで取り引きを行う。主にスワップ狙いをするトレード。

ミラートレーダー

今日は当ブログでも数多く取り上げている流行のシストレについて書いていく。

シストレには使われているシストレが代表的なので3種くらい存在する。

なかでも多く使われているのがこのミラートレーダーだ。
内容はユーザーが用意された選択肢から選択して取引を行う、選択型トレード。

この考える幅が狭いのが流行の理由だろう。ではどんな会社が取扱っているのか簡単に記載する。
インヴァスト証券のシストレ24

GMOクリック証券の選べるミラートレーダー

セントラルFXのセントラルミラートレーダー

このように数多くの証券会社が採用している。詳しくシストレについて知りたい方は当ブログでも過去に取扱っているのて参考にしてください

サラリーマンが取引をする時の落とし穴

今回はおもしろい記事を目にしたので紹介したい、今回FX取引をする際の落とし穴について書かれている記事を発見した。

サラリーマンがスキャルピング取引をしてはいけないというものだ1~2銭というわずかな値動きに敏感に反応して行うこのスキャルピング取引、時間に余裕のないサラリーマンが行うにはとてもハイレベル。サラリーマンが行う取引は数日単位か数週間単位が望ましい。

為替レートは数秒単位で細かく変動するのでこの動きを捉えるのは初心者には至難の技。まずはFX取引になれてから実践するのがいいだろう。

スイスフランショック

スイスフランショックとは2015年1月15日にスイス銀行が為替への介入を廃止表明したことによりスイスフランが大暴騰した騒動。
これに連鎖して株式市場の下落や為替業者の倒産するなどの騒動。

為替において大規模な騒動は近年だとリーマンショック、ゴールドマンショックに続き三度目。
リーマンショックはこれを題材にした映画を作られたくらい影響をもたらしたので今後の展開に注目したい。

まとめリンク

選択型 システムトレード

FX初心者にオススメなのが選ぶだけの選択型、シストレを等ブログでも多数紹介してきましたが最近初心者の方にも人気なのが選択型のシストレ

選択型の3つのメリット

FXの知識が少なくてもすむ、最低限の知識でOK。通貨ペアや買い、売り、取引単位などの最低限の知識さえあればスタートできる。

FXにさく時間が少なくてもすむ時間に追われての取引だと冷静な判断できなかったり、仕事の都合で取引のタイミングを逃すことが減る。

相場を常に見続ける必要がないので精神的に楽、シストレにまかせるだけでいい。

この3つのメリットが最近初心者トレーダーに人気の秘訣です。とりあえずシストレを始めたいと思う方は当ブログで多数紹介していますので参考にしてみてください。